睡眠障害を治す!ぐっすり眠るための二つの方法

寝つきがとても悪い私が寝つきを良くするために心がけている、二つのことを紹介したいと思います。

1.締め付けは排除する

身体のどこかが締め付けられて窮屈な感じがあると圧迫感が気になってなかなか寝付くことが出来ません。

特に女性の方の場合寝るときにはブラジャーは外したほうが、胸襟が開いてゆったりとした気分で眠れます。

良質な眠りをもたらすには下着類などの身体を締め付ける衣類は一切つけないほうがいいという研究報告も存在するくらいです。

寝るときの格好はゆったりしたものをお勧めします。

2.オーバーワークは不眠のもと

へとへとに疲れるとぐっすり眠れるという話をよく聞きますが、人によっては、過度な疲れが興奮状態を引き起こしてかえって眠れない状態に陥ることがあります。

朝から夜まで100%のパフォーマンスで生活すると私は必ず不眠になってしまいます。

早寝早起きと言いますが良質な眠りを追求するなら逆を心がけます。

早起き早寝

早く起きた日は無理して夜遅くまで頑張らずに出来るだけ早めに切り上げて眠りに備えましょう。

まとめ

睡眠というのは、本当にデリケートなもので眠ろうとすれば眠ろうとするほど眠れないということもよくあります。

上手に睡眠を捕まえるために睡眠が逃げて行かない工夫を普段から心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA